CHECK

プライベートな空間で風情を感じながら楽しめる!屋形船でワンランク上の忘年会をしよう!

こちらのサイトは、毎年恒例になっている忘年会や新年会などいつもは違った思考で会を開催したい、このような幹事さんにおすすめの屋形船を使った宴会についてご紹介しています。
江戸時代から存在しているといわれている和船、これは普通のお店では得ることができないプライベートな空間であり水の上といった風情を楽しみながらワンランク上の宴会ができる魅力があります。
ここでは、運航ルートはリクエストすることができるのか、定員の制限があるのかなど疑問を解決できます。

プライベートな空間で風情を感じながら楽しめる!屋形船でワンランク上の忘年会をしよう!

毎年年末になると会社に勤めている人は忘年会に出席する機会が多くなりますが、普段の飲み会とは異なり1年の締めくくりなどからもたまには屋形船で宴会も良いのではないか、このように考える人も多いといえます。
屋形船は貸し切り以外にも乗り合いタイプもあるので、少人数でプライベート利用の際には乗り合いを利用する宴会で使うときは貸し切りにするなどの使い分けも可能です。
また、屋形船は海の上から眺める景色など風情も感じさせてくれる乗り物です。

天候が悪くても屋形船で忘年会はできる?

どれくらいの悪天候かにもよりますが、通常の雨天程度であれば屋形船での忘年会は全く問題ありません。
屋形船にはしっかりと屋根も窓も付いていますので、キャビン内にいる限りは雨で塗れるようなこともないからです。
ただ、船のタイプによっては屋上がオープンデッキとなっているものもあり、そこは雨が降れば当然濡れることになります。
屋外に出て一休みしたいとか、ただゆっくりと景色を眺めたいと考えている場合には、雨天のときにはちょっと残念なことになるかもしれませんが、それでも全くの台無しになってしまうようなことはありません。
なお、台風とか暴風雨などの荒天の場合はさすがに話が別で、船を出すこと自体が危険を伴うことにもなりますから、運行会社の判断によって中止となることもあるのは理解しておく必要があります。
この場合、たとえ料金を前払いしていたとしても手数料など無しで全額払い戻されることが普通ですので、確認しておきましょう。

屋形船の忘年会ではどんな料理やお酒が楽しめる?

屋形船での忘年会は、会席料理などの和食に日本酒をイメージする人が多いです。
しかし実際はもっと多くの料理やお酒を味わうことができ、一般的な居酒屋やビアガーデンの代わりに屋形船で忘年会をするのも良いでしょう。
皆でワイワイ楽しみながら食べられるのが、もんじゃです。
飲み放題や食べ放題プランとして提供されることが多く、参加者が大人数であっても食事が足りないというトラブルを防げます。
鉄板まで利用できるところなら、もんじゃだけでなくバーベキューも楽しむことができます。
もんじゃが5000円くらいの予算なのに対し、バーベキュープランは1万円前後を想定しておきましょう。
バーベキューは特に若い世代に人気で、刺身などの和食ではなく肉をガッツリ食べたい人におすすめです。
食材の持ち込みを許可しているところであれば、贅沢なバーベキューになります。
お酒も日本酒だけでなく、ビールや焼酎、ワインなど様々なので、食べ物に合わせて注文しましょう。

屋形船の忘年会に時間制限はある?

屋形船で忘年会をする場合、時間制限はあるのでしょうか。
これは、基本的にありますのでしっかりと理解しておかなければなりません。
普通の居酒屋とかレストランなどで実施する場合でも、一応は制限が設けられているはずです。
ただ、そういう場合は、後にその場所で別の予約が入っていることでもない限りは多少であれば大目に見てもらえることもあるかもしれません。
屋形船の場合、夜でそれ以上は別の予約が入っていないこともあるわけですが、通常で言えば電車やバスなどと同じように決まったダイヤで運行されています。
つまり、出港から帰港までが実施タイムであって、帰港したにも関わらずそのまま船内に居続けるようなことはできません。
そんなことをしては次に乗るお客さんの迷惑になりますし、乗務員や運行会社の人の準備にも支障が生じるようなことにもなってしまいます。
ですから、幹事さんはそのスケジュールに合わせて司会進行をする必要があるわけです。

屋形船の忘年会ではゲームも開催できる?

屋形船の忘年会では各種のゲームやイベントを開催することも可能です。
ただし、屋形船の利用方法には貸し切りと乗り合いの2種類があって、貸し切りの場合はその船に乗っているのは自分たちのグループだけですので基本的にはどんなものであろうが問題はありませんが、乗り合いのときには注意して下さい。
周囲のテーブルにいるのは全く無関係の他の人達なのですから、大声などで迷惑にならないようにする必要があります。
イメージとして、新幹線とか特急列車で4人くらいで座席を向かい合わせにしたときのような感じです。
その4人は楽しんでいても、周囲にいる人の迷惑にならないか考える必要があるわけです。
貸し切りの場合にはこのようなことを考えなくても良いのがメリットですが、普通の建物の部屋で行う場合とは異なって、屋形船の座席配置は横に長いですから、端のほうにいる人であっても同じように参加できるような遊びでなければならないことに注意しましょう。

屋形船に関する情報サイト
屋形船を使った宴会をしてみましょう

こちらのサイトは、毎年恒例になっている忘年会や新年会などいつもは違った思考で会を開催したい、このような幹事さんにおすすめの屋形船を使った宴会についてご紹介しています。江戸時代から存在しているといわれている和船、これは普通のお店では得ることができないプライベートな空間であり水の上といった風情を楽しみながらワンランク上の宴会ができる魅力があります。ここでは、運航ルートはリクエストすることができるのか、定員の制限があるのかなど疑問を解決できます。

Search